メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂本が2位発進 紀平7位、宮原8位でと出遅れ 首位はザギトワ

女子SPで演技する坂本花織=さいたまスーパーアリーナで2019年3月20日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、全日本女王の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの76.86点で2位につけた。シニア1年目でグランプリ(GP)ファイナルを制した16歳の紀平梨花(関大KFSC)は70・90点で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです