メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復活印象づけた元女王の舞 メドベージェワ、高得点で4位発進

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年の平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は74.23点で4位だった。

 復活への一歩を踏み出した。メドベージェワは冒頭のフリップ―トーループの連続3回転ジャンプを落ち着いて決め、ダブルアクセル(2回転半)も成功。74.23点…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです