メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂本「幅と高さのあるジャンプ」で満面の笑み 両耳には光るピアス

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で、初出場の坂本花織(シスメックス)が2位に入った。

 初の世界選手権のリンクに立った全日本女王の坂本は、大きな拍手が注がれる中、滑り終えると頭上で両拳を握り締めた。「練習の時と同じようにできた。すごく満足している」。自己ベストを更新する76・86点で2位につけ、満面の笑みで演技を振り返った。

 冒頭のフリップ―トーループの連続3回転ジャンプを軽やかに決めて波に乗ると、続くダブルアクセル(2回…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです