メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮原、ステップはレベル4 フリーへ「最後まで自分を信じてやるだけ」

女子SPで演技する宮原知子=さいたまスーパーアリーナで2019年3月20日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)で、昨年銅メダルの宮原知子(関大)は70・60点で8位にとどまった。

 宮原は国際大会での自己最高を5点余り下回って8位にとどまり、得点を見る表情も硬かった。冒頭の連続3回転ジャンプで一つ目のルッツが揺らぎ、二つ目のトーループも回転不足になった。「スピードがなかった。どうしても練習ほど大きくできなくなる」。それでも、修正を重ねてきたステップで最高評価のレベル4を得るなど手応えもつかんだ。「最後まで自分を信じてやるだけ」と、フリーへ気持ちを切り替えた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです