メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
青森県史の玉手箱

通史編を読む/36 忠誠の意思統一図る 系譜創作と修史事業 /青森

 江戸時代の大名家は、自らが領主にふさわしい存在であることを示すため、さまざまな伝承や伝説などを織り込んだ系譜の創作をおこなった。17世紀半ばの江戸幕府による諸家系図編さんの際、弘前藩主津軽家は自らを摂関家藤原氏の流れとする系譜を、盛岡藩主南部家は源氏の嫡流とする系譜を幕府に提出した。

 南部家は、中世から領主として由緒ある家柄であることを主張したが、南部家や浪岡北畠氏らとの戦いを経て津軽を手にした津軽家は、摂関家筆頭の近衛家との関係を通じて、領主としての地位を確固たるものにしようとした。

 しかし、当時の弘前藩内には、「津軽家は南部家の支流である」という認識が広まっていた。これを払拭(ふ…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1102文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです