メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

思い乗せ三鉄

リアス線開通 砂浜再生に奮闘 浪板海岸に店を再建 /岩手

 寄せる波はあっても返す波はない「片寄せ波」で知られる大槌町吉里吉里の浪板海岸。3月上旬、23日に開通する三陸鉄道リアス線の試運転車両が、すぐ近くを行き来した。海岸でサーフショップ「K-SURF」を経営するプロサーファー、杉本浩さん(51)は「東日本大震災から8年。鉄道も復旧されるし、街並みが徐々に取り戻されてきた」と感慨深げに話した。

 太平洋を一望できる浪板海岸は震災前、多くの観光客やサーファーらであふれ、三陸有数の観光地だった。し…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文773文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです