メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県 職員2244人異動 人事委事務局長と政策企画監、初の女性 /栃木

 県は20日、2019年度の定期人事異動(4月1日付)を発表した。異動総数は2244人で前年度に比べて82人減少し、直近10年で最小規模となった。部長級は前年度より5人多い49人、課長級は前年度より13人多い227人がそれぞれ異動する。

 女性職員は12人が課長級に昇任し、部課長級は前年度より4人多い38人だった。人事委員会事務局長と政策企画監に初めて女性が起用された。部課長級に占める割合は8・2%でやや上昇したが、20年度に15%まで引き上げる数値目標の達成は厳しくなった。

 一方、同年度までに全体の25%の女性職員登用を目指す課長補佐級は、26・1%の393人で目標を超えた。

この記事は有料記事です。

残り2115文字(全文2406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです