メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

事前キャンプ 南スーダン、前橋市が1年間支援 /群馬

紛争で困窮、選手は裸足で練習……ふるさと納税活用し受け入れへ

 アフリカ東部に位置する南スーダンの選手団が、2020年東京五輪・パラリンピック出場へ向け、今年9月から前橋市で約1年間にわたり事前キャンプをすることになった。60年以上前から断続的に続いた紛争の影響で練習施設すらなく、困り果てていたところ、国際協力機構(JICA)が日本国内で受け入れ先を探し、前橋市が手を挙げた。市は資金2000万円について、来月1日から募る「ふるさと納税」でまかなう考えだ。=一部地域既報

 南スーダンの選手団は、五輪選手3人とパラリンピック選手1人、コーチ1人の計5人。陸上競技に出場する。JICAによると、東京五輪・パラリンピックで1国の選手団を長期にわたって受け入れる自治体は初めて。前橋市は「日本中で選手たちを応援したい」と意気込む。

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです