メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手づくりみそ教室

医者いらず“おふくろの味”を 福井の「米五」、人気 /福井

みそ楽の濱田真紀店長。手前で蓋をされた中には味の異なるみそが入る=福井市春山2で、伊藤朱美撮影

 みそ汁を毎日飲んでいますか? 大豆を発酵させることで、ビタミンなど多くの栄養成分が生成されるみそは「医者いらず」とも呼ばれる力を秘めているそうです。中学校と高校に通う2人の母でもある記者が「おふくろの味」を追求すべく、わが家のみそを仕込みに、手づくり教室へ行ってきました。【伊藤朱美】

 今月14日にうかがったのは、1831(天保2)年創業の老舗店「米五」が運営するカフェ・ショップ「みそ楽」(福井市春山2)。手づくりみそ教室が女性に人気です。教室を手がける正玄(しょうげん)貴之室長(27)に、作り方を教わりました。

 使用するのは、国産の▽大豆▽米こうじ▽塩▽水--だけ。まずは、プラスチック製のおけに入れた1・2キ…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1187文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです