メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害関連死防止

個人情報活用で 弁護士訴え 北区 /岡山

講演する岡本正弁護士=岡山市北区南方1の岡山弁護士会館で、林田奈々撮影

 過去の災害の教訓を今後に生かそうと、岡山弁護士会は19日夜、避難や生活再建に関わる法制度についての講演会を岡山弁護士会館(岡山市北区南方1)で開いた。「災害復興法学」を提唱している岡本正弁護士(第一東京弁護士会)が講師となり、集まった自治体関係者に災害時の個人情報活用を訴えた。

 岡本弁護士は、自治体が個人情報を扱うことに…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです