メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

強制不妊、審理継続退ける 国側に地裁 判決5月28日 仙台訴訟

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され、憲法13条が保障する「性と生殖に関する自己決定権(リプロダクティブライツ)」を侵害されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟が20日、仙台地裁(中島基至裁判長)で結審した。「審理継続」を求めた国の主張は退けられた。全国7地裁で計20人が争う一連の国賠訴訟で結審は初めてで、与野党が今国会での救済法案の可決・成立を目指す中、初提訴から1年余で旧法の違憲性について全国初の司法判断が下る。判決は5月28日。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1178文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

  5. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです