メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊、審理継続退ける 国側に地裁 判決5月28日 仙台訴訟

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制され、憲法13条が保障する「性と生殖に関する自己決定権(リプロダクティブライツ)」を侵害されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟が20日、仙台地裁(中島基至裁判長)で結審した。「審理継続」を求めた国の主張は退けられた。全国7地裁で計20人が争う一連の国賠訴訟で結審は初めてで、与野党が今国会での救済法案の可決・成立を目指す中、初提訴から1年余で旧法の違憲性について全国初の司法判断が下る。判決は5月28日。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです