’19統一地方選

公明、苦渋の自主投票 11知事選、きょう告示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第19回統一地方選で行われる11道府県知事選と6政令市長選のうち、保守分裂になる見通しの選挙への対応に公明党が苦慮している。いずれかの陣営に肩入れすれば、選挙後に自民党との関係がぎくしゃくしかねないためだ。首長選は地方議員選の票を掘り起こすチャンスでもあるが、公明党は2知事選と3政令市長選に自主投票で臨む。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1001文字)

あわせて読みたい