メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

「離脱期限6月」要請 EU首脳会議協議へ

欧州連合(EU)からの離脱期限を6月30日まで延期する方針を英下院で説明するメイ首相=ロンドンで20日、ロイター

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)からの離脱を巡り、メイ英首相は20日、EUに対し、離脱期限(3月29日)を6月30日まで延期することを求める方針を明らかにした。21日から2日間の日程で開かれるEU首脳会議で協議する。EU側には反発する声もあり、結論が出ない場合を想定して、臨時首脳会議を今月末に開催する検討も始めた。

 メイ氏は英下院で「(5月の)欧州議会選挙に加われば、離脱を選択した国民投票の結果を実現できなくなる」と説明。英国が選挙に参加することを避けるため、延期の期限を選挙後に欧州議会が開催される7月2日より前の6月30日とした。再延期の可能性について「想定していない」と断言し、延期は1度に限るとの方針を強調した。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです