メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

埼玉・熊谷なぜラグビータウン? 専用スタジアム 最新の暑さ対策=回答・中山信

改修された県営熊谷ラグビー場

 なるほドリ ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会(9月20日~11月2日)の開幕まであと半年だね。開催都市の一つの埼玉県熊谷(くまがや)市は「ラグビータウン」と呼ばれているんだって?

 記者 よく知っていますね。ラグビーの街といえば、全国高校ラグビー大会会場の花園(はなぞの)ラグビー場がある東大阪市が有名ですが、熊谷も1967年に埼玉県で開催された国体のラグビー会場になったのをきっかけに、ラグビータウンへの道を歩み始めました。91年に県営熊谷ラグビー場3面が完成。Aグラウンドは2万4000人を収容可能で、花園や東京の秩父宮(ちちぶのみや)ラグビー場と並ぶ数少ないラグビー…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです