メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

中国・全人代 社会安定へ景気重視 対米、難しい駆け引き=専門編集委員・坂東賢治

中国全人代に臨む習近平国家主席(右)と李克強首相=中国・北京の人民大会堂で2019年3月5日、共同

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5日から15日まで開かれた。毎年3月の全人代は独立性に欠け、政府の決定を追認する機関ともみられているが、中国の現状や政策を内外に示す「窓口」の意味を持つ。米中貿易摩擦と経済減速を背景に開かれた今年の会議では、何よりも「社会の安定」を重視する習近平指導部の姿勢が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り2067文字(全文2227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです