メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

中国・全人代 社会安定へ景気重視 対米、難しい駆け引き=専門編集委員・坂東賢治

中国全人代に臨む習近平国家主席(右)と李克強首相=中国・北京の人民大会堂で2019年3月5日、共同

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5日から15日まで開かれた。毎年3月の全人代は独立性に欠け、政府の決定を追認する機関ともみられているが、中国の現状や政策を内外に示す「窓口」の意味を持つ。米中貿易摩擦と経済減速を背景に開かれた今年の会議では、何よりも「社会の安定」を重視する習近平指導部の姿勢が浮き彫りになった。

この記事は有料記事です。

残り2067文字(全文2227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです