メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

見通せない福島原発廃炉=鴨志田公男

 東京電力福島第1原発の敷地内にコンビニエンスストア「ローソン」がある。開店してまる3年。食品や日用品が一通りそろう。一番の売れ筋商品は、シュークリームだそうだ。

 先月、私もおにぎりとコーヒーを買ってみた。レシートには「マチの健康ステーション」「東電福島第一大型休憩所店」の文字。視察の記念にレシートを持ち帰る人も多いという。

 コンビニの存在が象徴するように、福島第1原発の作業環境の改善は著しい。除染や放射性物質の飛散防止が進み、敷地の96%は簡易マスクと一般作業服で立ち入りできる。かつては、防護服に全面マスクや半面マスク装着が当たり前だったことを思えば、隔世の感がある。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです