メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

大津中2いじめ自殺、損賠判決 教育の場で真相解明を=小西雄介(大津支局)

大津市教委の家宅捜索を終え、押収物を運び出す滋賀県警の捜査員ら=大津市役所で2012年7月11日、小関勉撮影

 大津市で2011年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が当時の同級生3人らに損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁は2月19日、いじめと自殺の因果関係を認める判決を言い渡した。今回、遺族側の全面的な勝訴となった背景の一つに、滋賀県警の強制捜査が入り、いじめ訴訟では異例となる約500件の証拠を遺族側が提出できたことがある。しかし、警察の学校現場への介入には慎重になるべきではないか。いじめの真相解明が教育の場によってなされなければ、遺族をさらに傷つけることになり、学校からいじめをなくすこともできない。

この記事は有料記事です。

残り1767文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです