メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

花粉症の抜本的解決の時が来た!=東洋大学国際学部教授・横江公美

 目がかゆい! 鼻血が出るほどはなをかみ、耳はツーンとしている。ひどくなれば気道までむくみ、息をするのも苦しくなる。特に3月は、花粉の弊害で国内総生産(GDP)が落ち込むと言われるほどだ。

 2016年度の東京都の調査では、スギ花粉症の推定有病率は48・8%と半数近くに上る。アンケート調査では、7・8%もの人が「医療機関にかかっても日常生活に支障がある」と回答するなど、症状も深刻化している。

 私もつらいが、辺りを見渡すとどうにかしてあげたくなる人たちがいる。まずは、受験生だ。花粉症は大学受…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです