メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

補助犬で世界広がる 普及PR 五輪・パラ控え相談会

訪れた女性たちと会話をするセアまりさん(右)と傍らに座る盲導犬のベーチェル=東京都千代田区で20日、内藤絵美撮影

 東京都千代田区のパレスサイドビル1階の障害者よろず相談窓口「MOFCA(モフカ)」で20日、補助犬に関する相談会が始まった。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、海外からの補助犬受け入れ増加が見込まれる中、補助犬への理解や普及を促進することが目的。今後、定期的に行われる予定。

 相談会は、同区が昨年9月に開設し、民間会社が委託運営するMOFCAが主催。この日は盲導犬ユーザーで絵本原作者のセアまりさん(68)と盲導犬のベーチェルも参加。「目が見えなくなってマイナス思考だった私が生ま…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです