メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

補助犬で世界広がる 普及PR 五輪・パラ控え相談会

訪れた女性たちと会話をするセアまりさん(右)と傍らに座る盲導犬のベーチェル=東京都千代田区で20日、内藤絵美撮影

 東京都千代田区のパレスサイドビル1階の障害者よろず相談窓口「MOFCA(モフカ)」で20日、補助犬に関する相談会が始まった。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、海外からの補助犬受け入れ増加が見込まれる中、補助犬への理解や普及を促進することが目的。今後、定期的に行われる予定。

 相談会は、同区が昨年9月に開設し、民間会社が委託運営するMOFCAが主催。この日は盲導犬ユーザーで絵本原作者のセアまりさん(68)と盲導犬のベーチェルも参加。「目が見えなくなってマイナス思考だった私が生ま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです