メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

ゲノム編集食品/上 肉厚、栄養価増でも不安

ゲノム編集で1.3倍肉が厚くなったマダイ(左)と普通のマダイ=木下政人京都大助教提供

 遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」で生まれる食品が、早ければ年内にも国内で販売される。ゲノム編集によって1・3倍ほど身が厚くなったマダイや栄養価が高いトマトが市場に並ぶことが予想される一方、消費者団体からは安全性に対する懸念の声が寄せられている。

 ●遺伝子を切り張り

 ゲノム編集は生物の遺伝子のうち、狙った遺伝子を切り張りして性質を変えるもの。狙ったところで遺伝子を切断して壊す「はさみ」の役割をするたんぱく質が簡単に使えるようになり、世界中で急速に広がりつつある。

 従来の遺伝子組み換え(GM)は、他の生物の遺伝子を種子や受精卵に入れるが、特定の位置を狙えず、求め…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです