メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/6 周囲の偏見、家族の事情

和美さんが挙げた手を、兄は握りしめた=群馬県高崎市で

 2月末の週末。兄(77)の姿を視界にとらえると、和美さん(67)=仮名=は両目を大きく開き、面会に訪れた兄夫妻に向かって左手を差し出した。その手を兄が握る。「来たよ。思ったより元気そうだ」。言葉で返すことはない妹に、話しかけながら。

 ダウン症で認知症の和美さんも、群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」が開設された1971年の入所者だ。神奈川県内の生家で育ったが、8歳で知的障害児施設に預けられた。20歳でいったん帰宅。間もなく「終生保護」施設としてできたばかりの園に移った。

 兄の記憶の中で、両親は妹をすごく可愛がっていた。手元で育てたがっていた。一方、同居していた祖父から…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

  5. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです