メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

はやぶさ2、次のミッション 小惑星に人工クレーター

 3億キロ以上離れた小惑星リュウグウで、ピンポイントの着陸を成し遂げた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。4月5日には、爆薬の力で金属の塊を衝突させ、小惑星に人工クレーターを作る世界でも前例のないミッションに挑戦する。【池田知広】

 ●「G難度」の実験

 「非常にリスクの高い、挑戦的な運用。慎重にいきます」。クレーターを作るための衝突装置を開発した佐伯孝尚プロジェクトエンジニアは語る。強力な爆薬を使うため、探査機が損傷する恐れもある。佐伯さんは体操競技の難しい技を意味する「G難度」に例える。

 はやぶさ2の機器の多くは初代はやぶさの改良版だが、衝突装置は初めて搭載された。津田雄一プロジェクト…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです