メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

はやぶさ2、次のミッション 小惑星に人工クレーター

 3億キロ以上離れた小惑星リュウグウで、ピンポイントの着陸を成し遂げた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。4月5日には、爆薬の力で金属の塊を衝突させ、小惑星に人工クレーターを作る世界でも前例のないミッションに挑戦する。【池田知広】

 ●「G難度」の実験

 「非常にリスクの高い、挑戦的な運用。慎重にいきます」。クレーターを作るための衝突装置を開発した佐伯孝尚プロジェクトエンジニアは語る。強力な爆薬を使うため、探査機が損傷する恐れもある。佐伯さんは体操競技の難しい技を意味する「G難度」に例える。

 はやぶさ2の機器の多くは初代はやぶさの改良版だが、衝突装置は初めて搭載された。津田雄一プロジェクト…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1733文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです