’19プロ野球

12球団戦力分析/2 中日 打は充実、投手次第/ソフトバンク 外国人枠、どう活用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆中日

打は充実、投手次第

 与田監督をはじめ一新した首脳陣で再起を図る。昨季、チームトップの13勝を挙げた左腕・ガルシアが阪神に移籍。その穴をプロ3年目の笠原、柳らが埋められるか。キャンプで右肩を負傷した38歳のベテラン・松坂、左肘を手術した小笠原らの復帰も待たれる。

 昨季、リーグ2位のチーム打率2割6分5厘の打線は、今季も強力。首位打者を獲得したビシエド、プロ13年目で自己最高の打率3割2分9厘をマークした平田が中心。ドラフト1位の根尾(大阪桐蔭高)が、京田から遊撃の定位置を奪えるかが注目される。【梶…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

あわせて読みたい

注目の特集