メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

白鵬、貫禄の11連勝

11日目(20日、エディオンアリーナ大阪)

 横綱・白鵬は、大関昇進がかかる関脇・貴景勝を上手投げで降し、全勝で単独首位をキープ。碧山との1敗同士の対戦を制した平幕の逸ノ城がただ一人、1差で追う。

 横綱・鶴竜は玉鷲を退け、高安は栃ノ心との大関対決をものにした。大関・豪栄道、平幕・琴奨菊も白星を重ね、2敗勢は後退した碧山を含めて5人。

 新三役の小結・北勝富士と16場所ぶりに幕内に復帰した豊ノ島はそれぞれ負け越しが決まった。

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです