メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 春来た 坂本SP2位

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、全日本女王の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの76・86点で2位につけた。

 シニア1年目でグランプリ(GP)ファイナルを制した16歳の紀平梨花(関大KFSC)は70・90点で7位、平昌五輪4位の宮原知子(関大)は70・60点で8位といずれも出遅れた。

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文1826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです