メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 春来た 坂本SP2位

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、全日本女王の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの76・86点で2位につけた。

 シニア1年目でグランプリ(GP)ファイナルを制した16歳の紀平梨花(関大KFSC)は70・90点で7位、平昌五輪4位の宮原知子(関大)は70・60点で8位といずれも出遅れた。

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文1826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです