特集

点字毎日から

毎日新聞デジタルの「点字毎日から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

点字毎日

バリアフリー探鳥会 同行ルポ 異なる障害の混成では初

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本野鳥の会京都支部が主催する「バリアフリー探鳥会」が3日、京都市左京区の宝が池公園で開かれた。視覚障害者も楽しめるように工夫していると聞き、京都市右京区の横田光春さん(33、全盲)と一緒に参加した。【澤田健】

 ■時期によって違う鳴き声

 当日は気温が低く、小雨も降るあいにくの天候。「本当にあるんですかね?」と横田さんも心配していたが、肢体不自由15人(うち車いす4人)、聴覚2人、視覚1人の計18人の障害者が集まった。

 横田さんのガイドと解説は、「京都視覚障害者山歩きの会」に所属する、井上栄さん(73)が担当し、10時に最寄り駅の「国際会館駅」から宝が池を目指して出発した。お目当ては「カモ科の水鳥『オシドリ』の雄」。繁殖期はとても色鮮やかで、この時期のバードウオッチングでは醍醐味(だいごみ)の一つらしい。

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1958文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集