メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviグルメ

「もぎたて」とおつまみがついて、なんと100円! 六本木ヒルズで限定BARが24日まで(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

お酒の市場で好調なカテゴリーが、RTD(Ready To Drink=開栓してすぐ飲める缶やボトル入りのチューハイやカクテルなど)。最近は高アルコールタイプが特に盛り上がっていますが、その一大ブランドである“収穫後24時間以内搾汁”が魅力の「アサヒもぎたて」が進化。そのイベントとお披露目会が行われました。

 

↑場所は六本木ヒルズ。3月24日(日)まで、大屋根プラザという会場で「もぎたて 鮮度実感BAR」が開催されています

 

現地では、その味を超おトクに体験できるバーが期間限定オープン。内容を中心に、「アサヒもぎたて」の魅力を紹介していきます。

 

よりフレッシュなおいしさにクオリティアップした!

まずは「アサヒもぎたて」のおさらいから。ブランドの誕生は2016年の4月。鮮度にこだわった果実感が楽しめる高アルコールRTDとして、アサヒビールで一番売れているチューハイとなっています。

↑レモン、グレープフルーツ、ぶどう、オレンジライム、白桃、シークァーサーの6種が定番フレーバー。この4月2日より一新され、併せて3種類の柑橘果汁を使用した「まるごと柑橘搾り」が限定発売されます

 

今回の進化は、味を中心としたクオリティアップが大きなポイント。これまでの特徴だった、「収穫後24時間以内に搾汁した果汁のみを使用」「劣化を抑制し、果実由来の香りを維持する超低温殺菌技術の活用」に加え、「製造時間の短縮」「抗酸化効果の強化」「容器空寸の縮小による酸素量の削減」を実施することで、よりフレッシュなおいしさを楽しめるようになったのです。

 

↑おかわりしたくなるおいしさ「ドリンカビリティ」もアップしています

 

クオリティアップによって進化したおいしさを、多くの人に体験してもらうという趣旨で開催されているのが今回の「もぎたて 鮮度実感BAR」。トライアルの意味が含まれているだけあって、ハンパなくおトクな内容になっています。

↑その価格、なんとセットで税込100円!

 

100円でガツンと幸せに酔える!

4月2日よりリニューアル発売される「アサヒもぎたて」を、いち早く飲める「もぎたて 鮮度実感BAR」。会場の様子やメニュー詳細もお伝えします。

↑カウンターには「アサヒもぎたて」がズラリ

 

提供される「アサヒもぎたて」はレモン、グレープフルーツ、ぶどうとなり、それぞれ350ml缶が3種類。ほかに「三ツ矢サイダー」と「十六茶」もあるので、お酒を飲めない方も一緒に楽しめます。

↑中身はこんな感じ

 

↑おつまみ付きで100円というおトクなセット内容

 

「もぎたて 鮮度実感BAR」のオープン前には、同じく4月2日より放映される新TVCMのキャラクター・山口智子さんが登壇し、トークセッションなどが行われました。

 

↑左はアサヒビールの松山一雄専務。乾杯し、「午前中の『アサヒもぎたて』もいいですね~!」と山口さん

 

山口さんは飲んだ感想を、「あ~ッ最高! 体は正直。自然に喜びますね」と絶賛し、9%のアルコール度数にも「ガツンと幸せに酔えます!」とコメント。また、「私は心から共感できるものとしか付き合わないポリシーなのですが、これは本当に自信を持ってお届けできます」とオススメしました。

 

↑何がもらえるかは会場に行ってからのお楽しみ

 

「もぎたて 鮮度実感BAR」にはSNSに投稿することで、絶対にもらえるプレゼントコーナーも設置。おいしく、おトクな要素が満載です。この週末、六本木ヒルズに足を運んでみてはいかがでしょうか!

 

【SHOP DATA】

アサヒビール もぎたて 鮮度実感BAR

住所:東京都港区六本木6-10-1

アクセス:東京メトロほか「六本木駅」徒歩4分

開催日・営業時間:3月20日(水)、22日(金):15:00~22:00、3月21日(木・祝)、23日(土)、24日(日):11:00~22:00

【関連記事】
【グミ大図鑑】グミ業界の一大勢力「フルーツ系注目グミ」おすすめ10選
おやすみ前のひとときに。「カフェインレスお茶」の薦め
その発想はなかった! 築地に斬新なアンテナショップ&スタンドバー「ONAKA PECO PECO」が誕生
週末は味噌でも作りませんか? 実は恐ろしく簡単だった「自家製味噌」の作り方
日本生まれ、米国育ちの“早すぎた逸材”――「ブルックリン ソラチエース」が上陸!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです