メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

その名も「焦げ付きにくい焼きそばシート」。ロゴスからアウトドア活動が必ずや捗る一品(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランドの「LOGOS」は、「焦げ付きにくい焼きそばシート」シリーズを4月より発売します。

 

 

本アイテムは、BBQグリルの焼網に巻き付けることで焼網が鉄板になる「焼きそばシート」シリーズに、メイプル柄の特殊加工を施した万能調理シート全2種類です。シートの表面にLOGOS独自の特殊ノンスティック加工を施すことで、加熱時の食材の焦げ付きを大幅に軽減しました。シートの厚さは0.04mmと、一般的なアルミホイルの約3.3倍の厚みでBBQの火力に適しており、とても丈夫で破れにくいのが特徴。

 

↑BBQグリルの焼網にセットすれば、焼網が鉄板に早変わり。

 

↑シート厚0.04mmの特殊ノンスティック加工を施した、焦げ付きにくい調理シート

 

使用方法は様々で、シート自体が鉄板の役割も果たすので、サイズを調節すればBBQと同時に鉄板料理できるほか、シートをお椀型に成形にすれば、炊飯や鍋料理も可能です。さらに、調理蓋として活用すれば、蒸し焼きにすることもできるので、調理時間の短縮ができます。

 

↑シートが鉄板代わりになるので、BBQと同時に鉄板料理も楽しめる

 

シートをお椀型に成型すれば、炊飯や鍋料理が可能。

 

グリルの焼網が幅45cmの場合、1本で約10回分使用できます。後片付けはシートを丸めて捨てるだけなので、焼網だけでなくトングや鉄板に巻いておけば、器具を汚すことなく簡単に後片付けができます。

 

↑グリルの焼網が幅45cmの場合、1本で約10回分の使用が可能。

 

↑あと片付けは丸めて捨てるだけ。

 

「焦げ付きにくい焼きそばシート・グリルぴったりワイド」は、シート幅が約45cmなので、大きいグリルでの調理にぴったりで、フチを立てて使用する際も、大きく使えます。豪快な鉄板料理やすき焼きなどの鍋料理におすすめです。

 

↑焦げ付きにくい焼きそばシート・グリルぴったりワイド

 

「焦げ付きにくい焼きそばシート」は、シート幅が約30cmなので、焼網の上にシートを敷くだけの簡単設置が可能で、BBQと鉄板料理を同時に行う調理におすすめです。

 

↑焦げ付きにくい焼きそばシート

 

焦げ付きが解消され、幅広い料理ができて後片付けもラクラクな万能調理シート「焦げ付きにくい焼きそばシート」シリーズ。キャンプやBBQなどのアウトドアライフでぜひともご活用ください。

【関連記事】
毎回行列必至だった「睡眠カフェ」が常設店に。仕事をサボって「最高の仮眠」をどうぞ
災害時のトイレ問題について考える――LIXILの「レジリエンストイレ」が目指すもの
頭が冴えない人はご用心! 「音楽と集中力」の不都合な真実
「宇宙開発」が身近になる! 「JAXA」が初のクラウドファンディングに挑戦
おっさんのオアシス!? 50手前のおじさん、「カプセルホテル」に初チャレンジ!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです