メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生のSPは94.87  冒頭のジャンプ失敗も

男子SPで演技する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナで2019年3月21日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの世界選手権第2日は21日、さいたまスーパーアリーナであり、男子ショートプログラム(SP)で、五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は、冒頭のジャンプで失敗したが、94.87点だった。

 羽生が故障から約4カ月ぶりの実戦復帰を迎えた。その心境を「油も火もあるけれど、ちっちゃい部屋の中でずっと燃えている感じだった。今は大きな箱(リンク)の中で光って暴れ回る炎になれている」と独特の言い回しで表現する。

 昨年11月のロシア杯のフリー当日の公式練習で右足首を負傷後、リハビリや体作りに励んだ。五輪連覇を遂…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです