メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇野、ジャンプでミス続き SP91.40と出遅れる

男子SPで演技する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナで2019年3月21日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は第2日の21日、さいたまスーパーアリーナで男子ショートプログラム(SP)が行われ、ジャンプでミスが続いた宇野昌磨(トヨタ自動車)は91.40点と出遅れた。

 宇野にとって、結果を求めて臨む初めての大会となる。これまでは自分が満足できる演技だけを求めてきた。しかしサポートしてくれる周りの人々が世界選手権の制覇を願っていることを知り「優勝を目指したい」と目標を明確に掲げた。

 2月の4大陸選手権で、初めて主要国際大会の頂点に立った。とはいえ、昨年末の日本選手権で右足首を痛め…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです