メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生「めちゃくちゃ悔しい」 痛恨、4回転サルコウが2回転

男子SPで演技する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナで2019年3月21日、宮間俊樹撮影

フィギュア世界選手権男子SP(21日、さいたまスーパーアリーナ)

 故障から約4カ月ぶりの実戦復帰の羽生結弦(ANA)はSPで失敗した。「めちゃくちゃ悔しい」。明るく繕う声に、悔しさがよりにじむ。

 「今は大きな箱(リンク)の中で光って暴れ回る炎になれている」はずだった。だが、これがブランクというものなのか。リンクに立つと「久しぶりに頭が真っ白になった」。

 直前の6分間練習からジャンプがぎこちない。タイミングがつかみきれていなかった。引きずる形で、冒頭の…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです