メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SP自己ベスト 「4回転の申し子」チェンが充実の首位発進

男子SPで首位に立ったネーサン・チェン=さいたまスーパーアリーナで2019年3月21日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの世界選手権第2日は21日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子ショートプログラム(SP)で優勝候補のネーサン・チェン(米国)は107.40点で首位に立った。

 今季無敗のチェンが2位以下に10点以上の大差をつけて首位に立った。「満足している。ベストは尽くせた」と、表情には充実感…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです