メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4回転サルコウ失敗、田中悔しい19位発進

男子SPで演技する田中刑事=さいたまスーパーアリーナで2019年3月21日、宮間俊樹撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は第2日の21日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は78.76点で19位となった。

 演技を終えた田中は悔しそうに天を仰いだ。冒頭で予定した4回転サルコウが、うまく踏み切れず2回転になった。SPでは単独のジャンプは3回転以上でなければならないため無得点とされた。これが大きく響き…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです