メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

情報提供:カートップ

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

ファミリー御用達の大型ミニバンだって中古ならお得!

 中古車の魅力といえば、やはり一番はその価格だろう。どうしても新車でないとダメという人でなければ、最初のオーナーがたった数千キロ走らせただけの車両であっても新車よりもかなりお得な価格で購入することができてしまう。そのため、ワンランク上の車種を狙うことも夢ではない。そこで今回は中古でのお得感の強い現行車をピックアップしよう。

1)日産エルグランド

 かつてのキングオブミニバンもトヨタ・アルファード/ヴェルファイアの陰に隠れてしまった印象となっているが、昨年末の一部改良でついにインテリジェントエマージェンシーブレーキやインテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、レーダークルーズコントロールなどが装備され、ようやくライバルに近づくことができた。

現行中古車

 そんな改良後のエルグランドですらなんと車両価格300万円切りの車両が存在するほど。人気の2.5ハイウェイスターSの新車価格が350万円オーバーであることを考えれば破格の条件と言えそうだ。

現行中古車

2)レクサスLC

 レクサスのフラッグシップクーペであるLC。ハイブリッドのLC500hと5リッターV8のガソリンエンジンを搭載するLC500が存在し、1300万円~というプライスタグが掲げられているモデルだが、中古車をチェックしてみると、1万キロ未満の修復歴なしの個体でも1000万円を切るものもチラホラ見つけることができる。

現行中古車

 内外装のカラーを自分好みにチョイスするのもこういった高級車の醍醐味でもあるわけだが、もし自分好みの仕様が見つかるのであればかなり買い得感は高いのではないだろうか。このクラスを購入するような人にとっては些細な金額なのかもしれないが……。

現行中古車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです