メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

LPスタンドの閉鎖に中韓メーカーの参入? JPNタクシーがもたらす思わぬ余波 

情報提供:カートップ

LPスタンドの閉鎖に中韓メーカーの参入? JPNタクシーがもたらす思わぬ余波 

燃費の良さが思わぬ事態を引き起こしている

 2017年10月23日に、クラウンコンフォートおよびクラウンセダンの後継として、JPNタクシーが正式発売された。独特のスタイルを持ち、タクシーとして使用されることを念頭にLPガスエンジンのハイブリッドシステムを搭載している。ちなみにJPNタクシーは一般のひとでも購入可能となっており、けっしてタクシー専用車ではないのである。

タクシー

 そもそも平成27年にタクシー車両の基準緩和が行われ、今では好きなクルマをタクシーとして営業運行することができる。その証拠ではないが、街を見まわしてもノートのようなコンパクトハッチバック車もタクシー車両として活躍している。ただ日産のNV200タクシーは、一見するとライトバンとなるNV200バネットと変わらないように見えるが、足まわりなどかなりの部分で専用設計となっているとのことである。

タクシー

 JPNタクシーが正式デビューして1年以上となっているが、事情通によるとちょっとした“異変”が起きているとのこと。「東京都内にはかなりのタクシーが走っており、その大半の燃料はLPガス。23区内だけでも数多くのLPガススタンドがあるのですが、ここ最近閉店が相次いでいるのです。原因はJPNタクシーがLPガスハイブリッドユニットを搭載し燃費性能が格段によくなったので、個々のタクシーのガス充填頻度が減ってきているのが影響しているようなのです」とのこと。

タクシー

 クラウンコンフォート系や、Y31日産セドリックタクシーのころの燃費はだいたい、6〜7㎞/Lとされていたが、JPNタクシーは、カタログ数値上のJC08モード燃費は19.4㎞/Lとなっており、実際でも15〜16㎞/Lになるとのことなので、コンフォート&Y31時代比で燃費性能は倍近くアップしている。

タクシー

 まだまだ都内でもコンフォート系やY31のタクシーが残っているなかでLPガススタンドの閉鎖が相次いでいるので、今後JPNタクシーへの代替えがさらに進めばLPガススタンド閉鎖もさらに進みそうである。

 一方で山間部や地方部ではLPガス燃料車よりも、プリウス(2代目や3代目)や、先代クラウンロイヤルサルーンのハイブリッドなど、ガソリンハイブリッド車が目立ってきている。JPNタクシーはコンフォート比で100万円ほど価格アップ。コンフォート時代から零細タクシー事業者の多くは新車への代替えができず中古車で入れ換えを行ってきたので、JPNタクシーへの代替えは厳しい。LPガススタンドが最寄りになかったり、走行距離が都市部ほど伸びにくいということもあり、ガソリンハイブリッド車の中古車が目立って使われるようになってきたのではないかと事情通は語ってくれた。

タクシー

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです