メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「ゴラン高原、イスラエル主権」 首脳会談で正式表明へ

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は21日、自らのツイッターで、イスラエルが占領するゴラン高原について「(占領から)52年が経過し、米国がイスラエルの主権を全面的に認める時だ」と表明した。25~26日にイスラエルのネタニヤフ首相との会談が予定されており、その際に正式に表明するものとみられる。トランプ氏による一方的な方針表明により、中東和平協議が後退するとの指摘が出ており、国際社会でトランプ政権への反発が強まるのは必至だ。

 ネタニヤフ氏は今月、米上院議員の一行をゴラン高原に案内し、「敵対するイランがシリア国内で影響力を高…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです