メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
人生は夕方から楽しくなる

政治ジャーナリスト・田勢康弘さん 人の心に響いてこそ 歌謡曲復興に尽力

「本当に心を伝える歌を盛り上げていきたい」(左は清水博正さん)=茨城県つくばみらい市で、玉城達郎撮影

 港町の悲恋をつづった「小樽絶唱」をのびやかに歌い上げる。この歌は「NHKのど自慢」出身の全盲の演歌歌手、清水博正さんのシングル曲。どこかで撮影させてほしいと頼んだら、「私一人じゃ、絵にならないでしょ」と、わざわざ親交のある本人を呼び、一緒にステージに立ってくれた。

 全身から絞り出すような独特の、うら悲しい歌声で会場を魅了する清水さんを横に、客席にこう語りかけた。「彼の歌、涙が出ますよね。本当に魂を揺さぶるようなこんな歌が少なくなってきている。そう思って今、『歌謡曲ルネサンス』という運動をしているんです」

 テレビの冠番組まで持っていた著名な政治記者が余生をささげているのは、歌謡曲を復興させようという戦い…

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです