メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・時代の目

こどもしょくどう 少年少女の葛藤、繊細に

「こどもしょくどう」のワンシーン

 親の経済的な事情などによって満足に食事をとれない子どもたちに、地域の有志が無料もしくは安価でご飯を提供する。そんな「子ども食堂」の存在はすでに広く知られているが、本作はその活動を伝えるドキュメンタリーではないし、子ども食堂に出入りする人々が織りなす人情ドラマでもない。

 下町で食堂を営む高野夫婦(常盤貴子、吉岡秀隆)の息子ユウト(藤本哉汰)が主人公。ある日、同年代の少女ミチル(鈴木梨央)とその幼い妹と出会っ…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです