メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地理的表示保護制度

蔵王連峰が育む「小笹うるい」を追加 青森などの2品目も 農水省 /山形

 農林水産省は20日、地域独自の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、青森県のブドウ「つるたスチューベン」、山形県の山菜「小笹うるい」、熊本県の「菊池水田ごぼう」の3品目を追加したと発表した。

 つるたスチューベンは糖度が高く貯蔵性も良いことで知られる。小笹うるいは生産地…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 道端アンジェリカさん、恐喝容疑で書類送検 逮捕の夫と同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです