メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

きょうから「ツール・ド・とちぎ」 コース平たん、終盤まで熱く 国内外15チームが参戦 /栃木

 県内をコースとした国際自転車ロードレース大会「第3回ツール・ド・とちぎ」が22日から24日にかけて開かれる。海外の強豪チームが参戦の一方、県勢は宇都宮ブリッツェンと那須ブラーゼンが出場。今年はコースが昨年に比べて平たんなため、終盤までもつれる緊迫した展開が予想されている。【野田樹】

 昨年は、栃木市の渡良瀬遊水地で個人タイムトライアル、小山市-日光市(約105キロ)と那須町-真岡市(約147キロ)でロードレースが行われた。県によると、3日間で延べ約7万1900人(主催者発表)が観戦に訪れ、経済波及効果は約11億1000万円に上ったという。

 今大会は、韓国や豪州、マレーシアなど海外の5チームを含む計15チームが出場予定。3日間でチーム総合…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 働く高齢者、年金上乗せ 65~70歳 保険料納付翌年から 厚労省提案

  5. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです