メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 永青文庫(東京都文京区) 肥後細川家 多彩な収集品 /東京

 神田川沿いの「胸突(むなつき)坂」の階段を上る。左手に、木々が生い茂る敷地が見えてきた。江戸時代から戦後、この地に所在した肥後(熊本)細川家の屋敷跡だ。その一角に、永青(えいせい)文庫はある。

 設立者は、16代当主の細川護立(もりたつ)(1883~1970年)。日本の近代美術を支えたコレクターとして知られる。細川家に伝わる美術工芸品は、国宝も含め約9万4000点に上る。武具や茶道具、古文書、護立と交流のあった横山大観の絵画など多彩だ。50年に護立が財団法人を設立し、72年から一般公開している。

 美術館として活用されているのは、「家政所」(事務所)として使われた鉄筋コンクリート造りの建物。関東…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文782文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです