メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とびらを開け!

女性を議会に/上 地域で活躍の場なく 法律できても男性中心の意識の壁 /長野

 男女の候補者数が均等になるよう目指す「政治分野における男女共同参画推進法」が昨年5月施行されてから初めての統一地方選。2007年の県議選では11人が当選し、都道府県議会の女性割合で全国1位になった長野県。しかし、その後は数を減らし、現在は5人までに減少した。今月29日に告示される県議選(4月7日投開票)に立候補を予定している80人の中で、女性は9人(21日現在)となる見通しだ。男性と同数にはほど遠く、なにが女性の出馬を阻むのか。【ガン・クリスティーナ】

 県議選に出馬予定の60代の現職女性は携帯電話を手に真剣な表情でメッセージを打っていた。息子の妻宛て…

この記事は有料記事です。

残り1377文字(全文1656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです