メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一選・おおいた

知事選 告示 現職と新人、論戦火ぶた 現県政の評価、人口減少対策など争点に /大分

 統一地方選の前半戦にあたる知事選が21日、告示され、17日間の選挙戦が始まった。立候補したのは届け出順に、▽新人で共産党県委員会書記長の山下魁(42)▽5選を目指す無所属の広瀬勝貞(76)▽新人で無職の首藤淑子(52)--の3氏。事実上、現職対共産による一騎打ちとなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2885文字(全文3024文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです