メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

熊本は平均値上昇 宮崎、鹿児島は下げ止まり感 /鹿児島

 19日発表された熊本、宮崎、鹿児島3県の今年の公示地価は、住宅地と商業地の平均変動率で熊本県がいずれも上昇した。宮崎、鹿児島両県の変動率は住宅地、商業地ともに下落したが、下落幅は昨年に続いて縮小し下げ止まり感が出ている。【中里顕、塩月由香、田中韻】

 ◆熊本

再開発で20%超も

 住宅地や商業地など全地点の平均変動率は1・7%で2年連続の上昇。上昇幅も0・7ポイント拡大しており、熊本地震からの復興需要などで土地取引が活発化している。

 住宅地は1%上昇した。2年連続で上昇率が最高だった熊本市中央区大江6の他、熊本地震で甚大な被害が出…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1563文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです