メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FOMC

米、年内利上げせず 世界景気の減速警戒 保有資産の縮小、終了へ

 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、2019年の利上げ回数を従来見通しの2回からゼロに変更した。米国債などFRBの保有資産縮小を9月末に終了する方針も発表。世界的な景気減速懸念を背景に利上げ路線を大きく転換し、様子見の姿勢を鮮明にした格好だ。

利下げ観測も浮上

 政策金利は2・25~2・5%に据え置くことを決めた。終了後に発表した声明文は個人消費や設備投資の鈍化を踏まえ、米経済について「経済活動の成長が減速した」と指摘。前回1月の「底堅く成長」から下方修正した。19年の米経済の成長率見通しは2・1%とし、18年12月時点(2・3%)から引き下げた。

 パウエル議長は同日の記者会見で「米経済は健全なペースで拡大するとみているが、昨年秋以降は想定より減…

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです