メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日英の太い絆=西川恵

 <kin-gon>

 欧州連合(EU)からの離脱に揺れる英国。進出している自動車などの日本企業には生産縮小や、撤退する動きも出ている。しかし逆説的ながら、築かれた日英関係の太さを改めて知る機会にもなっている。

 元駐カナダ大使の沼田貞昭氏(現・日本英語交流連盟会長)は2度、在英日本大使館に勤務した。最初の在勤から24年ぶりに1994年、ナンバー2の公使で赴任した時、日英関係の変貌に驚いた。在留邦人は約2800人から約5万人、日本食レストランは2軒から150軒以上になっていた。「英国における日本の存在感は大きく、日英関係は格段に良くなっていました」

 この変貌をもたらしたのはサッチャー元英首相(在任79~90年)だ。首相は日本企業に「英国は欧州市場…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです