メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露次官級協議

対露交渉、打開手探り 複数対話で「地道作戦」

 日露平和条約の締結に向け、両政府の「特別代表」が21日、モスクワのロシア外務省で協議した。焦点の北方領土問題でロシア側は慎重姿勢を強めており、早期合意の見通しは立っていない。日本側は複数のレベルでの政府間対話を通じて信頼を醸成し、打開の糸口を探る戦略にかじを切りつつある。【大前仁(モスクワ)、小山由宇】

 特別代表を務める外務省の森健良外務審議官とモルグロフ外務次官は5時間半にわたり協議した。モルグロフ…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです