メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

トヨタにみる「変わる春闘」 「ベア非公表」には課題も=小倉祥徳(中部報道センター)

「話し合い」を重視するトヨタ自動車の春闘の労使交渉には、豊田章男社長以下経営側約120人と労組側約230人が勢ぞろいする=2018年5月9日、玉城達郎撮影

 2019年春闘で主要企業の回答が出そろった。国内最大のトヨタ自動車では、平均賃上げ額は月1万700円で前年を1000円下回った。水準以上に注目されたのが、賃金を底上げするベースアップ(ベア)を非公表としたことや、一律の賃上げでなく意欲や成果に応じて重点配分する方針で労使が合意したことだ。今年の「変わる春闘」を象徴したが、既に賃金が高水準で、労使の一体感が強いトヨタだからできた面も強く、こうした「トヨタ方式」が他企業に広がることには課題もあると感じている。

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文2036文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです