メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

大川周明と十字軍

 イスタンブール(トルコ)で観光客に人気の歴史的建造物「アヤソフィア」は元々キリスト教の大聖堂として造られた。15世紀以降、イスラム勢力の支配下で尖塔(せんとう)が建てられるなど、イスラム教寺院への改修が進んだのである。

 ニュージーランドの乱射の容疑者はキリスト教徒に向けて、この尖塔を取り除きアヤソフィアを奪い返せと訴える。彼は70ページを超す声明文の中で、イスラム教徒の移民を「侵略者」(invader)と呼び、この「侵略者」は武装していないからこそ始末が悪いとも主張している。

 白人社会に入り込んだ「侵略者」が社会や経済の秩序をむしばみ、ついには壊してしまうからだという。典型的な白人至上主義である。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです