メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

離脱延期決定、見送り公算大 英下院採決後に判断

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)は21日に始まった首脳会議で、今月29日に迫った英国の離脱期限の延期について協議した。メイ英首相は期限を6月30日まで延ばすよう要請。だがEU側は、週明けに英下院で離脱合意案が可決されることが延期容認の前提だとクギを刺し、今回の首脳会議では決定を見送る公算が大きい。

 トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は20日の記者会見で、合意案が英下院で可決された場合は、英国内の法整備に必要な「短期間の延期」は実現可能との認識を示した。離脱の延期は、英国の要請を受けて英国を除く27のEU加盟国がすべて承認した場合にのみ可能になる。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです